食事や介護・医療体制の充実性

介護

施設内の環境

人形

施設で異なる

介護付き老人ホームは入居者の体調急変に備え看護職員を駐在させていますが、住宅型有料老人ホ―ムの場合、自立した生活が中心なので看護職員がいない場合があります。健康管理を徹底するなら看護職員がいた方が何かと安心でしょう。

時間が不規則

医療サービスの充実性は施設で異なり、24時間看護職員が駐在する所もあれば日中だけだったりと様々です。看護職員はいるけど出勤日数が少ないというケースも多く介護付き有料老人ホームよりは不安定です。

検診の有無

入居者へ手厚いサービスを行なう住宅型有料老人ホームだと内科の住診や歯科検診があるので万が一何かあっても心配はいりません。ただ、緊急時の対応は各施設で違うので入居をする前に確認をしましょう。

リハビリはどうなっている?

比較的介護の必要がない年配者やお年寄りが入居するので、リハビリに重きを置く施設は少ないように感じますが理学療法士、言語視覚士、作業療法士の資格を持った人物が駐在している施設は広島にもいくつかあります。

見守りや生活指導がある

施設での生活で悩みや不満、改善してほしい事は相談員や見守りをする人へ相談することが可能です。時には話し相手になってくれるので寂しい時間を過ごさずに済むでしょう。