安心して暮らすには施設選び次第

介護

時間がかかる

全国には約7000か所の施設が存在し、長く安心して住める施設をコンセプトにした住宅型有料老人ホームは沢山あります。ただ自分が思う理想の施設と出会うのは中々難しいでしょう。

一番選ばれている施設の特徴

no.1

立地条件が良い

都会にある住宅型有料老人ホームは立地条件が素晴らしく、周辺には商業施設がいくつか建ち並んでいます。買い物を楽しんだり入居者とお茶を楽しんだりできますよ。交通の便が良いので訪問しやすいという声が多数上がっています。

no.2

サービスが充実している

いくつになっても身なりを整えたいという場合は美容室や理容室が備え付けられた施設がおすすめ。こうしたサービスがある施設は園芸や将棋、麻雀と娯楽施設が充実しています。

no.3

看護スタッフが駐在している

元気なお年寄りから介護が必要な人まで幅広く受け入れる住宅型有料老人ホームは、何かあった時のために24時間看護スタッフが駐在しています。夜間の緊急時には医師との連携で素早く処置ができ、安心だという声が目立ちます。

no.4

食事のおいしさ

生活をする上で一番楽しみなのが食事。近年は三ツ星シェフ自慢のコース料理が堪能できる住宅型有料老人ホームも増え、食事へのこだわりが垣間見えます。体調と体に合わせた治療食に対応しているかも入居前にチェックしているようです。

no.5

家具家電付きか

生活に必要なテレビや電子レンジ、洗濯機が備え付けられているかも施設を選ぶ上で重要視しているようです。広島の住宅型有料老人ホームは家具家電付きの施設が多く自立している人向けのキッチンを装備しています。

豊かな生活

握手

中々巡り合えない

最初は施設情報を収集する事から始めてください。例えば、ネットを使って施設の環境や入居条件、医療と介護の充実性を調べてもOKですし、自治体の窓口に問い合わせれば広島にある施設を紹介してくれます。

いくつか資料請求を行なう

ネットの情報だけでは不十分だと感じたら入居したい住宅型有料老人ホームの資料やパンフレットの請求をし、比較をしましょう。施設について具体的な話がされており、資料だけで入居後の生活イメージができます。また他の施設と何が違うのか、この辺が明確になります。

電話で話が聞ける

もっと詳しく施設の話を聞くなら相談員による無料相談サービスを利用するのも手です。パンフレットや資料に関する質問や疑問に思う事を実際に聞くことで豊かな老後が送れる有料老人ホームを絞り込むことができます。

実際に入居してみる

「ここで老後の生活を送りたい」となったら見学か、あるいは体験入居をして実際に住み心地を確かめていきます。体験入居をする事でスタッフの対応やレクリエーションの内容、食事の質等自分がイメージしていたものと違う場合もあります。一つではなく、複数の施設にお邪魔をして体験を重ねていくことで良い施設と悪い施設の区別がつくようになります。